【完全攻略】小型移動式クレーンの重要ポイントまとめ「原動機・電気編」

林業

はじめに

今回は「原動機・電気編」をお届けします!

原動機に関する知識

原動機の種類

ガソリンエンジン

・燃料は「ガソリン」

・運転経費は「高く」、火災の安全度は「小さい

・騒音や振動は「小さく」、冬季の始動は「良い

・熱効率は悪く、「20~30%程度

ディーゼルエンジン

・燃料は「軽油」又は「重油」

・運転経費は「安く」、火災の安全度は「高い

・騒音や振動は「大きく」、冬季の始動は「やや悪い

・熱効率は悪く、「30~40%程度

移動式クレーンではディーゼルエンジンのものが多い

モータ

・電力エネルギーで動く

換気を行いにくい場所(トンネル等)排ガス対策騒音公害対策で使用される。

油圧装置の特徴

長所 短所
小型軽量 配管が複雑になる
過負荷防止が容易 作動油の油漏れが発生することがある
無段変速が容易 作動油の温度で機械効率が多少変化
遠隔操作が容易
騒音・振動が少ない
動作がスムーズ

ピストンポンプの特徴

・作動油の吸入と吐出を行う仕組みのこと。

・オイル漏れが少なく、高圧ポンプに最適。

ポンプ効率が良く、20~40Mpa程度の高圧が容易に得られる

作動油の圧力変動が少ない

大容量の高圧油を得られる

可変容量型のものでは絞り弁等による流量調節が不要

構造が複雑で部品数が多い

電気に関する知識

電流の種類

直流電流

電流の方向が常に一定であるもの。

Direct Current(ダイレクト カレント)の頭文字を取ってDCともいう。

交流電流

電力の方向が周期的に変化するもの。

Alternating Current(オルタネイティング カレント)の頭文字を取ってACともいう。

三相交流

3つの単相交流を一定時間、一定の間隔で集めたもの。

商用電源の一つ。

架空電線付近作業での留意事項

送電線への接触事故は数多く発生しています。

特に高圧の送電線の場合は、直接触れなくても近づくだけで感電することがあります。

以下のことに気を付けることが重要です。

1.当該充電電路を移設する

2.感電防止の囲いをする。

3.当該充電電路に絶縁用防護具を装着する。

4.1~3が無理な場合は監視人を置き作業を監視させる

※4の文章に「必ず監視人を置き」という表現がひっかけで出されます。

その他重要語

・オルタネータ(ジェネレータ)…発電機のこと。

・レギュレータ…発電した電気の電圧や電流を調整し、バッテリーに充電する装置。

・電流計(アンメータ)…バッテリーが充電状態か放電状態かを示す装置。充電は「+」、放電は「−」

・油圧発生装置…エンジンの機械的エネルギーを流体エネルギーに変換する油圧ポンプのこと

・油圧制御装置…作動油の圧力、流量、流れの方向などを制御する各種弁のこと

・油圧駆動装置…実際に仕事を行う装置で、油圧モータ、油圧シリンダ等が該当

・油圧装置の付属機器…作動油を溜めておくオイルタンク、フィルタ、冷却器など

まとめ

次回の更新時は「クレーン作業に必要な力学」についてお伝えします♪

ではまた次回!

林業ってそもそも何するの? 現場の林業家が詳しくご紹介!

【完全攻略】小型移動式クレーンの重要ポイントまとめ「知識編」

【完全攻略】小型移動式クレーンの重要ポイントまとめ「力学編」

 

私がお世話になっているホームページ様

林野庁HP https://www.rinya.maff.go.jp/index.html

特に森林・林業白書は勉強になります。

緑の雇用 https://www.ringyou.net/guide/

私がお世話になっている研修システムです。