林業ってそもそも何するの? 現場の林業家が詳しくご紹介!

林業

私の林業のイメージ

今から「林業」はどんなことをするのか書き連ねていくわけですが、私も働くまで具体的なイメージは持ち合わせていませんでした

とりあえず山に入るんでしょ?

山に入って…木を伐るんでしょ?

それを…運び出したりするんじゃないの?

っていうくらい。

他にも、山は神聖なものだから入る前に手を合わせるのかな?

木を伐り終わって山から出るときは、山の神様に感謝して日本酒まくのかな?

とか思ってました。

前者の3つはともかく、後者の2つは全然違いました

四駆のハイエースで止まることなくガンガン入っていきますし、日本酒まくどころかガソリンこぼしちゃってますからね(オイ)。

あとは、働いてる人たちはひげ面でゴツくて職人気質で、仕事ミスしたら怒鳴られるんだろうな、とか。

僕の職場に限って言えば全然そんなことなくて、私みたいな転職組も多かったです。

なんなら昼休みは電波が入る山ならスマホゲームしてる人も多いす。

皆さん優しいし、今のところ怒鳴られたことはありません。

意外ですよね。

みんなめっちゃドラクエ詳しくてビビりました

みんなビアンカ派でした。

私もビアンカ派です。

とにかく全然イメージと違ってて、働いてみないと分からないこと多いなーと思いましたね。

林業の業務内容

大きく分けて3つあります。私は3番目の業務である「造林」に就いています。

事務

山主さん(山林を保有する一般人の方)や業者の方とお話をします。

また、エクセルなどを用いてどの山に何日から何班が行くか、という計画を立てます。

私の職場はそこそこ大きいようで、班に1人事務の担当の方がついてくださってます。

どこの現場に行くかということはもちろん、私たちの道具類が壊れた場合に業者さんに連絡してくださいます。

その他慣れない現場であれば先導して連れていってくださったり、現場で作業をしている写真を撮られることもあります。

事務方なのに測量で山に繰り出している方もいるとか。

とにかく幅広くサポートをするのが事務の役割です。

事務職員になるためには面接試験と筆記試験を受ける必要があります。

性別としては男女問わずおられます。

現場で働いてる女性は私の職場にはいませんね…。

現場にはトイレも無ければ更衣室もない、なかなか働きにくいようです。

林業に携わりたい女性は、まず事務からでもよいと思います!

そこから現場の職員になることもできなくはないはずなので…

林産

チェーンソーで木を伐り、林業用の重機で丸太を搬出し、トラックで市場まで運ぶのが林産の仕事です。

林業といえば林産! というイメージが多いと思います。

私が住んでいるところにも複数の林業会社があるのですが、多くはこの林産ばかりをする会社です。

理由は分かりやすく、一番お金に繋がりやすいからです。

特に現在(2021年8月)はコロナの影響で木材価格が高騰していて、木を山積みにしたトラックが走り回っています。

ゆくゆくは私もこういう仕事をするのかも知れませんが、今のところ特に希望もしていないので急に担当することはないかなーという感じ。

ただ林業会社といえば普通は林産なのかなぁと思っています。

造林

私が所属している部署で、造林班が裸にした山に植付(植樹、植栽のこと)をして、大きくなるまで管理します。

植える木は山主さんの希望通りにしますので、スギやヒノキといった建築材料になる木々を植えることが多いですが、

サクラを希望する山主さんもおられますし、コナラのようにキノコ栽培用の木を植えることもあります。

植えた木よりも雑草の方が早く大きくなるので、それを刈る作業をしたり、不要な雑木を伐ったりします。

あとは間伐作業を行って生育不良の木を伐ることもします。

私はいろいろ調べるなかで造林という業務があることを知り、それを扱っている会社を探して今の職場を見つけました。

地味な作業が多いですが、とてもやりがいのある仕事です!

 

まとめ

今回は林業でどのような仕事内容があるのかを紹介しました。

私は造林班にいますので、次回以降はそこの仕事を更に具体的にお伝えしていければと思っています。

先ほど先輩方が優しいという話をしましたが、造林部だからかも...?笑

林産部の方々は見た目いかつい人が多いです笑

それではまた次回!

林業ではどんな道具を使うの? 現場の林業家が詳しくご紹介!

【徹底解説】林業の「造林」とは。目的、時期、道具、方法をご紹介!

【教師辞めたい】経験者が教える「確実」かつ「迷惑をかけない方法」

教員から林業家に転職した理由  ~教員の大変さと林業の魅力とは~

 

私がお世話になっているホームページ様

林野庁HP https://www.rinya.maff.go.jp/index.html

特に森林・林業白書は勉強になります。

緑の雇用 https://www.ringyou.net/guide/

私がお世話になっている研修システムです。